費用の負担

給付金を受給するとして、B型肝炎の訴訟になれている弁護士を見つけるとします。ここで大きな障害になってしまうのは、その費用にあるでしょう。B型肝炎にかかっている状況は、決していいことではありません。費用が発生するような形になれば、当然辞めてしまうという人も出てきます。

お金手続きを考えた場合、確かに弁護士費用がかかります。ですが、その大半は、相談料を無料にするところからスタートしていることに注目しなければいけません。本来費用として発生する相談料ですが、自由化が進むとともに、弁護士本人が設定できるようになりました。だからこそ、無料というところも出てきているわけですが、これをうまく利用すれば相談も容易になるでしょう。

着手金に関しても無料としているところが多くなっています。依頼を受けるかどうかも早期に判断できるようになっており、支給されるようであれば、依頼を受けて、支払われた段階で費用を相殺するといった手段が可能です。これに、国が補助する弁護士費用が4%あることからかなり軽減できるようになっています。

経済的負担を掛けてしまうことは、本来の給付金の意味からそれてしまうことになるのですから、制度もうまく利用して行くといいでしょう。

Pocket