Author Archives: 管理人

費用の負担

給付金を受給するとして、B型肝炎の訴訟になれている弁護士を見つけるとします。ここで大きな障害になってしまうのは、その費用にあるでしょう。B型肝炎にかかっている状況は、決していいことではありません。費用が発生するような形になれば、当然辞めてしまうという人も出てきます。

お金手続きを考えた場合、確かに弁護士費用がかかります。ですが、その大半は、相談料を無料にするところからスタートしていることに注目しなければいけません。本来費用として発生する相談料ですが、自由化が進むとともに、弁護士本人が設定できるようになりました。だからこそ、無料というところも出てきているわけですが、これをうまく利用すれば相談も容易になるでしょう。

着手金に関しても無料としているところが多くなっています。依頼を受けるかどうかも早期に判断できるようになっており、支給されるようであれば、依頼を受けて、支払われた段階で費用を相殺するといった手段が可能です。これに、国が補助する弁護士費用が4%あることからかなり軽減できるようになっています。

経済的負担を掛けてしまうことは、本来の給付金の意味からそれてしまうことになるのですから、制度もうまく利用して行くといいでしょう。

Pocket

B型肝炎と弁護士

考える女性B型肝炎の給付金を受け取るためには、国を相手取って訴訟を起こす必要が出てきます。この準備を自分自身でするというのもひとつの方法です。ですが、給付金手続きの流れを考えると、かなり困難なことになるのは理解できるでしょう。

だからこそ、弁護士に手続きを依頼するという方法を採ることが勧められています。実際に多くのメリットがあるからですが、準備に資料集めが必要ですし、調査もしなければいけません。そこから訴訟を起こすことになりますが、とにかく手間と知識が必要です。書類の不備があれば、これも直さなければいけないことを考えると、膨大な時間が必要でしょう。だからこそ、自分一人でおこなうのは現実的ではないということです。

給付金を請求するためには,各条件を満たしていることを証明するための書類を集めることが必要です。

弁護士であれば、適切な判断が可能であり、最速で給付金を受給できるように方法を考えます。手続きにも精通しており、訴訟に関しても知識があるのは、間違いなく弁護士なのです。自分の代理人として活動してもらうことによって、多くの手間を省くことができますし、スムーズに支給までたどり着くことが可能です。費用に関しても国が補助する流れもできていますので、システムとしても利用することが想定されているといえるでしょう。

Pocket

支給と訴訟

注射過去におこなわれていた集団予防接種によって、不幸にもB型肝炎ウィルスに感染してしまったケースの場合、国が救済処置を設けています。これがB型肝炎給付金ですが、受け取るためには、都道府県に申請を出すような方法では求めていけません。国を相手取り、訴訟を起こしていかなければいけないからです。条件として、昭和23年から昭和63年までの間に集団予防接種を受けたことがあるかどうかが必要になってきます。集団予防接種が原因でB型肝炎ウィルスに感染した人は、わかっているだけでも最大40万人以上になると考えられているのですから、相当な数になるといえるでしょう。

母子感染による二次感染者であっても、給付金を受けることが可能です。実際に三次感染まで支給されるようになっていますが、金額は病状によって大きく異なります。100万円以下しか支給されないケースもあれば、3千万円を超える場合もあるため、自分に状態を確認していくことも必要になるでしょう。

ここまで面倒な手続きが必要なのも、救済要件を満たしているかどうかを裁判所で証拠を元に検討しなければいけないからです。確認作業が複雑になってしまっていますが、これによって給付を受けていない人も多数います。期間が定められていましたが、延長されたのも、多くの人がいまだに申請していないことが大きな理由となりました。

Pocket

B型肝炎の給付金

お腹の中に子供病気になってしまうというのは、世の中では何か珍しいことではありません。実際に様々な病気があり、だれもが感染する可能性があるでしょう。その中でも日本で社会問題となったのが、B型肝炎です。国から給付金の支給もおこなわれていることで、名前を知っているという人はかなりの数になりました。ここまでの問題になってきた背景には、集団予防接種があったことも知られています。当時は、注射器が連続使用されていました。今では衛生管理を考えてもありえないことですが、これがB型肝炎を一気に拡大してしまった原因です。ずさんな管理ともいえますが、当時はまだ危険性を認識していなかったといえるでしょう。この流れによってB型肝炎に感染してしまった一次感染者は相当数に及び、多くの人たちが苦しんできました。2011年に国がやっと責任を認めたことによって、一気に解決に動き出すこととなります。

二次感染経路として、母子感染も大きな問題となりました。もともとB型肝炎ウィルスを持っていた親から子供へと感染が広がっていきましたが、こうした垂直感染も本をただせば集団予防接種が原因です。さらに三次感染といったケースもあり、非常に多くの感染者を生み出してしまいました。

B型肝炎に関して、集団予防接種が原因の場合には、給付金が受け取れるようになっています。実際に支給までにはかなりの時間も準備も必要になりますが、国が責任を認めている以上、活用するべきことですので、参考にしながら検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket