B型肝炎の給付金

お腹の中に子供病気になってしまうというのは、世の中では何か珍しいことではありません。実際に様々な病気があり、だれもが感染する可能性があるでしょう。その中でも日本で社会問題となったのが、B型肝炎です。国から給付金の支給もおこなわれていることで、名前を知っているという人はかなりの数になりました。ここまでの問題になってきた背景には、集団予防接種があったことも知られています。当時は、注射器が連続使用されていました。今では衛生管理を考えてもありえないことですが、これがB型肝炎を一気に拡大してしまった原因です。ずさんな管理ともいえますが、当時はまだ危険性を認識していなかったといえるでしょう。この流れによってB型肝炎に感染してしまった一次感染者は相当数に及び、多くの人たちが苦しんできました。2011年に国がやっと責任を認めたことによって、一気に解決に動き出すこととなります。

二次感染経路として、母子感染も大きな問題となりました。もともとB型肝炎ウィルスを持っていた親から子供へと感染が広がっていきましたが、こうした垂直感染も本をただせば集団予防接種が原因です。さらに三次感染といったケースもあり、非常に多くの感染者を生み出してしまいました。

B型肝炎に関して、集団予防接種が原因の場合には、給付金が受け取れるようになっています。実際に支給までにはかなりの時間も準備も必要になりますが、国が責任を認めている以上、活用するべきことですので、参考にしながら検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket